コンクリートのお話

どれだけ知ってる?コンクリートのこと

コンクリ−トは私たちの暮らしにおいてとても身近な存在です。家の塀に、道の側溝、町のビルまで・・・
普段何気なく目にしているものですが、あなたはこの「コンクリート」の性質をどれだけ理解しているでしょうか。
材料は?とても便利なものだけれど欠点ってあるの?コンクリートにも寿命ってあるの?ここではそんな「コンクリート」の知識を図とともにわかりやすく説明いたします。

コンクリートって何でできてるの?

コンクリートの材料は骨材(砂利・砂)と呼ばれる主要材料とセメント・水を混ぜ合わせたもので出来ており、至ってシンプルです。
セメントはいわゆる「のり」のような役割を果たしており、中に含まれる物質と水が化学反応を起こし、粒子同士が結合することでコンクリートが固まります。よくコンクリートが固まることを「乾く」と表現されますが、正確にはそれは間違いなのです。

コンクリートの欠点と改善方法

様々な場所で使われているコンクリートですが、どんな便利なものにも欠点はあります。コンクリートは押す力(圧縮力)には強いですが、引っ張られる力(引張力)にはとても弱いです。消しゴムを例にするとわりやすいと思います。

消しゴムを図のように曲げて上から押す力を加えると、力を加えている面は縮み(圧縮)、反対に力が働いている方向の面は引っ張られて(引張)伸びています。そのまま力を加え続けているとどうなるか・・・。消しゴムは押す力に耐え切れず、引っ張られている面からヒビが入って割れてしまいます。このように消しゴムで例えると何気ない話で終わってしまいますが、これと同じことがコンクリートで、ましてやあなたの日常を取り囲むもので起こると考えると大事故につながりかねません。じゃあコンクリートって以外と脆いものなの?と勘違いされる方もいるかもしれませんが、このコンクリートの欠点は、あるものと組み合わせることでしっかり補うことができます。

コンクリートの欠点を補ってくれるアイテムというのは「鉄筋」です。
鉄筋はコンクリートと反対の性質を持っているので、引張力が働いた時コンクリートの中に埋め込まれた鉄筋は、その力に対抗して補強してくれるのです。小さなヒビが入ることはありますが、長年強度を保ってくれるほか、倒壊を防ぐなど大きな役割を果たしてくれます。このようなコンクリートを「鉄筋コンクリート」と呼びます。


切っても切り離せない「コンクリート」と「鉄筋」の関係

コンクリートの強い味方「鉄筋」にも欠点があります。それは「錆び」です。
少し材料の話に戻りますが、コンクリートの中のセメントは強いアルカリ性を持っており、この性質が酸化することで錆びやすい鉄筋を保護してくれています。鉄筋はコンクリートに守られているのです。
しかしコンクリートは時間が経過するにつれ、雨水や空気中の炭酸ガスや亜硫酸ガスなどと反応し徐々にアルカリ性が弱くなっていきます。進行すると表面のセメント成分が取れてザラザラになり、水アカが付着しコケが生えてきます。酸性雨の影響も大です。

コンクリートの「中性化とは」
上記でも説明した現象は「コンクリートの中性化」または「炭酸化」と呼ばれ、コンクリートの表層から鉄筋の位置までそれが進行すると、鉄筋は錆びて膨張してしまいます。ペットボトルの水を凍らせるとパンパンになる現象をイメージすると分かりやすいと思います。
コンクリートは その力に耐えられなくなり、ひび割れて中性化に拍車をかけてしまいます。こうなると鉄筋は本来の性能がなくなり、最悪の場合には倒壊してしまいます。

寿命を保つためにどうすれば良いのか

ここまでコンクリートと鉄筋の性質について説明してきましたが、結局のところコンクリートを長く保つために必要なことは定期的なメンテナンスです。自身で修繕するのも良いことですが、プロの目を通さなければ目に見える部分修繕のみで終わってしまうことが多く、その場凌ぎのメンテナンスを繰り返してしまうことになります。

身近なものだからこそ、もっと知ろう!コンクリートのこと。

コンクリートの寿命を考える上でコンクリートの「中性化・炭酸化・深さの測定」で劣化の進行状態を調べられます。
調査して、劣化の状況を見て、きちんとした補修(外壁なら外壁補修だとか、撥水材=クリアを塗布するとか目地補修をするとか)することで、50年どころか80年でも100年でももつ状態にすることが出来ると考えています。ですから、30年とか50年経ったから壊して建て替えではなくて、きちんとした維持管理・補修・改善改良を行うことで構造物を出来るだけ長持ちさせてやりたいと思っています。

無料見積依頼書
Q&A
ブログ

TOPへ戻る