施工実例

お寺 ブロック塀の補修

松阪市稲木町にある永木寺。建物は改装を済ませており綺麗でしたが、ブロック塀は汚いままで浮いていました。今回コンクリート補修を加えたことで遠くから見てもピカピカのお寺に大変身!飾りブロックや溝まで丁寧に新品のように生まれ変わりました。
作業工程を見る

住宅 門柱

門柱の、特に「笠」の部分はブロック塀の「笠」に比べて雨風に晒される面積が大きいので、傷みの度合いが高いです。また、本体と分離しているケースでは、一度本体から取り外します。
ブロック塀の工程と同じように修復・美装をした後「笠」の接合をして完成です。門柱が美しくなるだけでお家の印象はガラリと変わります。細部の支えも手を抜きません。
車両横断箇所 側溝ふた

交差点侵入時に車が頻繁にのり入れる箇所です。フタのガタつきを繰り返すうちに欠けとひび割れが発生し、ひどい状態になっています。
通常なら取り替えるところですが、サイズが特殊であったため(現場打ち側溝並びに規格の古い側溝)、弊社の補修技術で再現しました。施工してから半年以上経っても全く問題ありません。
公園 防波堤路面

コンクリート打ちの床面のひび割れ(クラック)の補修も樹脂を注入する工法等の最適な作業で承ります。主に土間や駐車場がそれにあたります。写真は防波堤路面のひび割れ補修です。但し…土間や駐車場と異なり、防波堤は乱暴な言い方をするならば、海面の上に固定ではなく置かれているイメージなので波の満ち引きによりすぐに次の亀裂が発生します。あくまでひとつの例とお受けとめ下さい。
コンクリート二次製品補修 L形側溝

自社品を例にした参考写真です。既に出荷されたコンクリート二次製品が劣化し、欠け・ひび割れ・黒ずみ等の不具合が発生した場合も参考写真のように強度にも配慮して細微な部分まで当初の状態に復元させて頂きます。
仕入れたものの在庫として残ってしまい、年月を経てしまった製品も生まれ変わることができ、有効活用が可能です。廃棄物を減少させる為のひとつの考え方です。
公園 階段ブロック

表面が化粧石で施された景観製品の事例です。ひび割れ部分から水分が侵入し鉄筋が錆びて膨張したことにより大きな欠けが多々見受けられました。強固な補修材料に化粧石を配合し再現しました。
無料見積依頼書
Q&A
ブログ

TOPへ戻る